台湾で飲食をやる難しさを感じながらの週末。。

皆様おはようございます。日本人夫婦の妻mikoです。

来たる飲食開店に向けて、毎日試作品を食べる日々です。
でも不思議と飽きることがなく、しかも面白いことに毎日違った発見があります。

元々は家で作ってて絶賛していたものですが、家庭とお店では考えるところが全く違う。特にランチ時にどのように回転を早めるかが勝負なので、その前の仕込み段階からをなんどもなんどもシュミレーション。脳が活性化されていく感じ。もう夢の中で何回作っただろうかって感じ。(え?ワタシは作らないけど夢の中ではなんども試作してるのよ^^;)


昨日は美容院に行ってから頭の中を整理しようと寄り道して帰りましたわ。
そこでもずっと仕事の話ししてるんだけど。


グラスワインは買一送一でした。
あ、ちなみにここはうちの事務所が入ってるビルに近いホテル。

Hotel Proverbs Taipei

ここのホテルの3階にある East End というバーは昼の2時から開いていて落ち着いた雰囲気もありつつカジュアルで、割とよく利用してるかな。

 

ちょっと軽く酔っ払ってからアプリで予約してたスシローへ。最近我が家はスシローか家の手巻き寿司で寿司欲は満たされることに気づいてしまったよ。しかもスシローは寿司飯もきちんと酢が効いてて台湾口に迎合してないところがすごく評価できる。ワサビは後付けだけどね。

高級寿司屋さんは東京に帰省した時だけでいいかなって。狭い台北で誰が隣に座るかわからない状況は全然楽しめないしリラックスできない。わざわざ日本から空輸で取り寄せたんだから美味しいと言え!という威圧感もイヤ。マジで台北の高級寿司屋で満足できたためしがない。。。


大トロの手巻きが最高に美味しくて2巻いってしまったっていう。
スシロー最高!ボックス席も最高〜!誰とも話さなくても注文できるシステムも最高〜〜〜〜!!!

台湾で飲食業は本当に本当に大変だよね。最近だと三田製麺所も撤退を決めたらしいし、富士そばだって早々に撤退し、会社の近所に出店した鎌倉シャツもあっという間に撤退。マツモトキヨシは閑古鳥が泣いてるし、小さな企業だったら移住してから覚えきれないほどチリの如く散っていった。

簡単に考えちゃいけないのが海外での商売の厳しさ。現地の子達の金銭感覚に触れるにつれ、びっくりするほどお財布のひもが固いことに驚かされる。高い値付けをすると興味本位の激混みは一瞬だけするけど、その後徐々に客足が引いて早々に閑古鳥が泣くのだ。その時期は想像以上に早くてびっくりするだろう。だって台北市なんて東京の市区町村で言えばたかだか町田市ほどのサイズと人口だ。

ということで、ただいま値付けで苦労しているってわけ。一度決めたつもりでもちょっと素材を変えたら、また原価計算のし直し。。
美味しくしちゃったからまた原価上がるけど値段は据え置きにすべきか〜とか。
正直美容業は人件費さえ超えないように見てればいいような感じのざっくり感なので(家賃などの固定費に目一杯かけてる店舗だとそうはいかないけどね。失礼しました。)飲食の値付けは難しい。たった10元で大きく利益が変わるのがすごい。そこがすごく頭を悩ますところです。

さあ今日はお店へ行って前の店舗のゴミを撤去してお掃除でもしに行くかな〜。

miko

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク