トランス脂肪酸の恐怖 – 私たちの心と身体を蝕む危険性

食品・添加物

今日は生活の中に潜むトランス脂肪酸の恐怖について語ってみたいと思います。

知っているのと知らないのでは、将来歳をとってからの生活のQOLが格段に変わりますので、ぜひ怖がらずに(笑)最後までお読み下さい!

それでは〜いってみまよう!

トランス脂肪酸とは

菓子類、ファストフードに大量に含まれている、"トランス脂肪酸"。健康上の問題を引き起こし、身体を構成する細胞の働きを停止させてしまう危険を含んでいます。

不健康と分かってはいても、現代社会では90%もの食品にトランス脂肪酸が含まれているとも言われており、気付かない間に口にしていることもありますし、100%避けることは難しいかもしれません。

そこで、"単に控えるべき"という警告では済まされないトランス脂肪酸がどのように私たちの心と身体を蝕んでいくか、子どもと老人を例にあげ解説します。

トランス脂肪酸の身体への影響

トランス脂肪酸は、人間が本来必要とする油がとても不自然な構造に変化したもので、身体には一切不必要なものです。

しかし現代は、なんと約90%もの食品にトランス脂肪酸が含まれているとされています。

この食べ物は、良質なの?悪質なの?その見極めがますます難しくなっている現代だからこそ、改めて悪質な油の本当の恐ろしさを理解していきましょう。

トランス脂肪酸が身体の中で分解・代謝するには、不自然であるがゆえに、たくさんの時間がかかります。

また時間がかかるだけではなく、その人工的な成分は簡単に分解されないため、体内に約240日間も滞在し続け、大量のミネラルやビタミンを消耗します

消化に時間がかかるとされているお肉やお魚でも、8〜12時間で消化・吸収が完了します。

いかにトランス脂肪酸が分解・代謝に不必要なエネルギーをかけているかが分かりますね。

しかも、こんなにも身体にとって負担がかかるにもかかわらず、栄養がないので食べても何も身体の役に立つ機能がありません。

それよりも、老化やガンの原因になる悪い働きをして、細胞の働きを弱め、外からの有害物質が入りやすくなる状態を作ってしまいます。

現代の食用油の問題点

本来の油は光に弱く、蛍光灯でさえも劣化してしまうことをご存知でしょうか?

まともな油は冷蔵保存し、暗くて温度の低いところに置かないと保存ができないとされています。

しかし、私たちがスーパーマーケットで見る油は、ほとんどの商品がプラスチック容器に詰められているし、店内の蛍光灯の光をこれでもかという程浴びていますよね?中には24時間毎日光を浴び続けている油も。

それにもかかわらず、いつまでも同じ色で酸化もしません。これが変だということに気付いている生活者は、どのぐらいいるでしょうか。

恥ずかしながら、以前の私はこれが異変であることを気にもとめていませんでした。

このような状態が成立してしまう理由は、かつての食用油とは異なる作り方で製造されているからです。

一体どんな作り方なのでしょうか?

大手メーカーの食用油のほとんどは、化学溶剤を加えた"溶剤抽出法"という方法で製造されています。

この方法には、商品が出来上がったときに油の色が変色しないように高温で脱色したり、劣化臭を取り除くために240度もの高温で長時間放置する工程があるのですが、この時に、トランス脂肪酸を最も多く生み出してしまっています。

更には、油分に含まれる大切な栄養素や風味なども全て抜き取られているので、もはや、スーパーに並んでいるのは"死んだ油"というわけです。

トランス脂肪酸が含まれる身近な食品

「こんなに身体に悪くて、健康に害を及ぼすトランス脂肪酸なんて口に入れたくない!」

 そう思っても、身の回りは思っている以上に、トランス脂肪酸で満ち溢れてしまっています。

それでは具体的にどんな商品に使われているか、身近な例をご紹介します。

  • 街中で売られている多くの揚げ物
  • サクサク感があるコンビニのクッキー
  • コンビニで売られている菓子パン

トランス脂肪酸が脳に与える影響

大変ショッキングなことですが、トランス脂肪酸は脳にも悪い影響を与えることが分かっています。

実は、油と脳は非常に密接な繋がりがあり、その理由は、脳の60%が油(脂質)で構成されているからなんです。

脳は、まさに脂肪のかたまりのような臓器。だから、質の悪い油を摂ると、脳がその悪い油で作られてしまい、

脳に何らかの障害が起こってしまうのです。

「トランス脂肪は脳の活動に必要な酵素を破壊し、

注意欠陥障害(ADD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などを引き起こす大要因になる」

このことは、イギリス・オックスフォード大学のレポートによっても発表されています。

例えば、あなたのお子さまや両親が、お菓子やコンビニの揚げ物など、トランス脂肪を大量に含むものばかりを食べていたら、脳に質の悪い油ばかりが供給され、本当に必要な栄養素が足りていない状態になります。

その結果、こんな症状が現れます。

  • すぐにキレる子ども、怒りっぽい老人になりやすい
  • 認知症は65歳以上の10人に1人が発症する!

まとめ

このような事実を知って、私は思いました。「一体、何のために食事をしているのか?」

カロリーを摂り、満腹感を得るためだけの食事でいいのか、だとすれば今すぐに食事の根本を見直す時かもしれません。

まずは本来人間の身体、特に脳が求めている、私たちを活かす油を食べる割合を増やしていきませんか。

そして最も重要なことは、例えトランス脂肪酸を摂取したとしても、その後にヒトが本来持っている身体の機能を使って"毒出し"をしてあげることです。

毒出しは便の排出が75%をも占めています。

つまり、トランス脂肪酸など、

毒性のある食べ物を身体に入れてしまったことに気付いたら、まずは腸内環境を整え、有害物質を身体の外に出す努力を一番にしましょう。

🤸🤸当店のデトックス三姉妹!🤸🤸

石垣島の太陽が育てた最高品質のクロレラ!八重山殖産 八重山クロレラ1ヶ月分 300粒入り

最強の陽性パワー!オーサワの黒炒り玄米(煮出しタイプ) 330g

松田順子さんが作った伝統製法!梅干の黒焼


体に優しい無添加食品を取り揃えています!

コメント